賢威のレビュー:SEOに特別強い訳じゃないし買わなくていい

教材&ツールレビュー

どうも、南(みなみ)だ。今回は賢威をレビューをする。ネット上ではビビるほど高い評価を得ているWordPressテーマ「賢威」。SEO 対策が抜きん出て素晴らしいとか大絶賛されてる。だけど、俺のブログ読者が賢威を2020年の今から買おうとしてるんだったら、やめとけ。

俺も既に賢威に出会って5年近く経過しているけど、未だに情報商材系のアフィリエイターがアフィリエイト報酬で稼ぐ目的で賢威をレビューしまくってる。

別にレビューすることは良いんだけど、「他のWordPressテーマより素晴らしい!」とか手放しで大絶賛するのはいかがなものかと。賢威のアフィ報酬目当てで煽りすぎじゃね?あなたがそういったレビューブログに扇動されて賢威を買おうとしてるんだったら買うべきじゃない。

なぜ俺が賢威を勧めないのか、その理由について本音で解説をしていく。販売者から怒られようともこの記事を消すつもりはないんで。一つの参考資料としてこの記事を活用してくれ。

賢威の長所・メリットは2つある

まず最初に賢威のメリットについて解説をする。この記事では賢威をお勧めする気はないけども、他のWordPressにはない長所も存在するのも事実。

賢威が全く使い物にならないとかそういう理不尽なことを言うつもりはない。

まず最初に賢威の長所としては、非常に開発に意欲的でサポートもシッカリとされている。これだ。

①開発はずっとされている

賢威のサポートは丁寧

たぶん一番のメリットはこれ。

販売開始から現在に至るまでずっとアップデートがされている。だから購入後も安心はできる。地道にずっと開発はされている安心感はあるわけだ。

悪質なWordPressテーマの開発者だと販売して「そこで終わり」みたいなケースもある。だけど賢威は2020年現在まで、ずっと開発され続けているし、公式フォーラムでもメチャクチャ丁寧な回答が得られる。

だからサポートや開発の丁寧さに関しては間違いなく安心していい。俺もこの部分は賢威の長所だと思うよ。

②アフィリエイターに支持されている

賢威のアフィリエイトは人気。報酬が高いから

それからもう一点は、賢威は沢山のアフィリエイターに使われているWordPress テーマだ。

実際、WordPress テーマの中ではデザインも設定もシンプルだし、操作も難しくない。

ネットビジネス系のレビュー記事には「SEO対策も抜群」という声もあって、そういった記事を読んで「す、すげえ、SEO対策強いのか!買うしかねえ」と買って使っているアフィリエイターもいるんじゃないかな。

みんな、SEO対策はよくわかんないけど「SEO対策!SEO対策!」と叫んでるのが実態だからね。そんな理由で賢威は沢山のアフィリエイターに使われている。

賢威を買わなくていい7つの理由

あくまでも主観。俺の感想。なのでネガティブキャンペーンじゃなくて、ただのオッサンの本音として読んで。

なぜ賢威を買わないでいいよと言っているのか。その理由はこれから解説していく。

実際、俺は数年前までは俺も賢威を購入してサイト制作に使っていた。

今から5年前はそんなにWordPressテーマは多くなかったんだよな。だからWordPressテーマっていうと選択肢が少なかった。当時はTCDのWordPressテーマとかSTINGERを使うとか。あとはサイト作成ツールのSIRIUSを使ってアフィリエイトサイトを作っていたり。

ちょうどその時期にイケてるWordPressテーマとして賢威が人気だったんだよ。当時はかなりイケてる部類だった。イケてるアフィサイト作るってなると選択肢も少なかったしな。

だけど2020年現時点ではぶっちゃけ他にもイケてるWordPressテーマって山ほどあるんだよ。別にWordPressに限らなくてもアフィリエイトサイトを作る手段は別にあるしな。

じゃあ、2020年に賢威を使う理由って何なのって考えたらそんなにないのが俺の本音。

以下、理由を7つ本音で挙げてく

デザインがダサい

賢威はデザインがダサい

これもめちゃくちゃ失礼なこと言っちゃうけど、賢威のサイトデザインはダサい。古い。

後ほど解説をするけど、ダサいならカスタマイズもできる。ダサくても着飾ればカッコいいサイトは作れる。ただし、カスタマイズをしないで使っちゃうと、賢威のサイトってめちゃくちゃダサいんだよ。

当時はこのデザインでもイケてる部類だったんだけど、2020年現在は鬼ダサい部類に入っちゃう。これだけで俺は自分の信者には賢威をお勧めしたいと思えないんだよな。

それと合わせて、2つ目も見て欲しいんだけど、賢威は他人と被るということ

他人と被る

賢威は他人と被る

上でも説明したように、賢威というWordPressテーマを多くのアフィリエイターが使用している。

皆、同じ賢威を使って、同じデザインのサイトを作って…ここから察せられるように、アフィリエイターとあなたのサイトのデザインが似通ってしまう可能性も存分にある。

みんな似たようなデザインになっちゃって「コモディティ化」する。そのうえ同じような薄っぺらい記事を大量生産していると、差別化なんて出来るはずもない。

サイトデザインが被る問題は、

  • ユニークさが減る
  • 差別化ができない
  • 読み手に舐められてしまう

この3つは無視できない。差別化できないと、「あいつのサイトもこいつのサイトも一緒じゃん」っていう話になっちゃう。

そうするとアナタのサイトの訪問者は「アナタの存在」が記憶に残りにくくなる。記憶に残らないウェブサイトってだけで損するのは分かるはず。

あなたのサイトが記憶に残らないと、ファン(信者)を作り出すことが1段階難しくなる。

ネット系のビジネスなんてぜんぶ宗教ビジネスなんで。信者作れない時点でゲーム終了。

その上、舐められる。みんな使っているで合わせるとダサくなるのは服装と同じ。無難だけどね。無難はありきたり。ありきたりに価値などない。公園の石ころと同じ。

「この人のサイトは賢威で作られているんだなー」「このサイトのWordPressテーマってあっちの方でも見た」

この時点で舐められ”やすく”なる。コンテンツで勝負付けられればいいんだけど、それが苦手ならデザインだけは差別化した方が賢明。

「しょうもない」と思われてサイトそのものが舐められると、記事まで読んでくれない。

カスタマイズするなら別のテーマで良くね?

賢威の他にもWordPressのテーマはある

もちろん賢威をカスタマイズすれば見栄えも良くなる。

確かにデフォルトよりは何段階もマシになる。しかしながら賢威をカスタマイズするって面倒臭い。「賢威 カスタマイズ」でググればカスタマイズ情報も無限に見つかる。

だけど、素人がCSSを切り貼りしてキメラみたいなサイトデザインを作ってしまうくらいなら、最初から別のイケてるWordPress テーマを使った方が失敗ないし、効率的だ。

ムダなカスタマイズするくらいなら賢威にこだわる必要は1ナノもないかと。

機能はそんなに凄くない

賢威の機能性は高くない

賢威に導入されている機能っても多くない。俺が使っているAFFINGERや他WordPressテーマの方が多い。

正直AFFINGERは多すぎて困る

機能の豊富さは明らかに他のWordPress テーマの方が多い。比べてみて欲しい。

機能が多くても「使わない機能」なら要らねえんだけどな。

ただ俺が気に入らないのは、あるレビューブログに「賢威はレスポンシブデザインだからスマホでもパソコンでも良いデザインなんです」と、いかにもレスポンシブデザインが凄いと褒めちぎってる記事があったこと。

おい待てや。この時代にレスポンシブデザインじゃないWordPressテーマを探す方が難しいぞ。縄文時代に生きてんのか。

レスポンシブデザインという1つの機能で賢威を甘やかさないで欲しい。それは他のWordPressテーマにも付いてるんだよ。

値段が高い

賢威は値段が高い

シンプルに賢威は値段が高い。

24,800円。この値段を高いか安いかは人の価値基準によるから、あくまでも俺の基準として。

客観的な視点でも海外WordPressテーマをThemeforestで買えば39ドル(日本円でだいたい4200円)で手に入る。

日本WordPressテーマでもAFFINGERは1万円ちょっと。SANGOというデザイン性も良くて機能性も高いWordPressテーマも1万円。

賢威にいくら出せる?ってのも人それぞれだけど、WordPressテーマの中では価格帯は結構高いし強気の部類。

ただし賢威のフォローをしておくと、サポートとか持続的なアプデも含めて考えると24800円もアリかもしれない。

それからここから重要な話なんだけど、SEO対策についても話しておかなくちゃいけない。

SEOは普通

賢威のSEO対策は特別すごくない

これもレビューブログによく見かける表現だけど、「賢威はSEO対策に強い」というのは間違っている。言い過ぎ。

現代で販売されている大抵のWordPressテーマはSEO対策されてるし、その為のコード組まれてる。

5年前ならSEO対策が甘すぎのWordPressテーマもあったけど、今の時代はそんなテーマほとんどないよ。全部同じ。

賢威だけが特別SEO対策に強い訳じゃない。強くもなければ弱くもないんだよ

これって賢威に限った話じゃなくて、他のWordPressテーマも全く同じ。このブログで使っているWordPressテーマ「Genesis」も SEOに鬼強いと評判。

だけどGenesisもSEO対策が他のテーマと比較して特別強いっていう話じゃないんだよ。他のWordPressテーマもSEO対策はされてる訳で。

実際SEO対策されてるかどうかはWordPressテーマの内部コード3秒見れば分かる話なのに、「有料テーマだから強い」とか「無料テーマだから弱い」とか理屈成り立ってねえから。

話を強引に戻すと、賢威を使えばSEO対策が万全だから自分の記事がどんどん上位表示されていく、なんて奇跡じみたことはまずない。

低品質コンテンツはどんなWordPressテーマを使ってても上位表示しないし、逆に高品質コンテンツを作ればどんなWordPressテーマでも”努力しだい”で評価される。

WordPressテーマのせいで上位表示されない?記事コンテンツの質が低くて、Googleに嫌われているだけ。

という訳で、賢威がSEO対策に強いという煽りすぎの誇張話は話半分に聞いた方がいい。

他の選択肢が沢山ある

賢威はデメリットもあるし他のWordPressテーマも選択肢に

そして7つ目。賢威の他にも素晴らしいWordPressテーマは山ほどある。「Aを使え」とか「Bを使うな」っていう話じゃない。別に何を使おうと良いんだけどよ。

ただし、探せば探すほどWordPressテーマってあるんだよ。日本国内のWordPressテーマ、海外のWordPressテーマ。値段もピンキリ。

いろんなWordPressテーマがある中で、わざわざ賢威という日本国内のアフィリエイターが使っているWordPress テーマに固執する必要はない。

俺が使っているWordPressテーマは日本国内のものだけど、正直、使い勝手も抜群だし機能性も国内で販売されているWordPressテーマでは飛び抜けてる。

昔、使っていたテーマを挙げると、Genesis Frameworkや X theme、Divi。その他にも有名どころのWordpressテーマは全て使った。

どれもデザイン性が高く、日本より機能も多い。使うのも難しいんだけど何より値段が安い。

世界中のWordPressテーマの中で、あえて賢威を使う理由はないのかなと俺は思っちゃう。そもそも有料のWordPressテーマにこだわる必要もないしな。

下の記事を読んでみてくれ。

「有料WordPressテーマの方がSEO対策がしっかりしている」と紹介している人もいるけど、無料でもSEO対策はそんなに変わらない。SEO対策なんて変わらねえってマジで。

賢威は買ってはいけないWordPressテーマなのか

賢威は買ってはいけない?

お金を出して買ってはいけない、無駄金とまでは言わない。それは言い過ぎ。ぶっちゃけ欲しいなら買ったらいいよ。俺が言いたいのは「賢威が悪い、使えない」じゃないんだよ。

「今の時代は他の有料テーマの方が優れているものが多いから、わざわざ2020年に賢威を買って使うわけもないよね」というだけの話。

全く使い物にならないとまでは言わないけど、わざわざ2万4800円を払って買うかって考えたら…「うーん」ってレベル。

もし俺がアフィリエイトを始めたばかりの初心者だったら買わない。それに無料のWordPressテーマで始めればいいよ。ぶっちゃけ無料テーマの方が賢威よりも総合的に優れているものもあるから。Cocoonとかな。

流石に「SEO対策が強いから賢威がいいよ」ってのは煽りすぎ。評価高いけど、俺はお勧めしない。

もしアナタがWordPressテーマ選びで迷っているなら、まず俺に相談してくれ。一番最適なWordPressテーマを紹介できるし、もし自分でアフィリエイトサイトを作るのが難しいんだったら、俺がアフィリエイトサイト制作を代行するんで。まあ気軽に連絡をしてくれ。

自慢だけど、これまで俺は日本も海外も含め数百以上のWordPressテーマを使ってきた。一番良い提案ができると自負してる。もしあなたがWordPressテーマ選びで悩んでいるんだったら力になる。

今回はこの辺で終わり。ありがとな。ばーい。

ネットビジネスで教祖としてカネを巻き上げる方法

あまりにも非道徳すぎて禁書扱いされていたネットビジネスの電子書籍を無料でお渡しします。

今すぐ受け取る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

当ブログは12月1日に提供終了します