ネットビジネス

【実例あり】noteで集客してアクセスアップ!1ヶ月で60万円を売り上げた極秘手法

  1. トップページ >
  2. ネットビジネス >

【実例あり】noteで集客してアクセスアップ!1ヶ月で60万円を売り上げた極秘手法

広告費をブチ込みまくって集客に励む起業家をよく見かけます。集客で頭を悩ませてる起業家に教えたい。1円もお金をかけずに無料でウェブサイトに膨大なアクセスをかき集めて、売上を増やす方法をシェアします。

この記事で書いている内容は俺が2020年5月末から試験運用して、成功した最新の集客手法です。パクってください。

なぜブログ記事を書きまくっているのか

なぜブログ記事を書くのか。ブログを書くメリット

この記事を書いている現在は、昼の14時25分です。とてつもなく疲弊しています。なぜならさっきまでブログ記事を大量に書いていたからです。

ブログでたくさんの記事を書いて投下しています。

なぜ俺はこれほど一生懸命にブログの記事を書きまくっているのでしょうか。その答えをいうと、コンテンツ イズキング。この世界にはコンテンツ イズ キングという言葉があります。つまり、コンテンツは王様です。

一生懸命考え抜いて価値を感じさせるコンテンツを作る。そして無料でバラ撒くことが賢い戦略の1つだと俺は知っています。だから俺はブログを書きまくってます。

ここで俺が言っている「価値」とは、自分にとってではなくて、それを受け取る相手が価値とみなすかどうかです。そういう前提でこの記事ではnote集客について解説していきます。

読み手を圧倒する価値を感じさせる

さて、もう少し補足をさせてください。

俺は見込み客を集めるためにも、リスティング広告、有料広告にお金を出してマーケティングをしています。

とはいえ、俺が何をやっているかが大事ではありません。見込み客を集めるために大事にするべきことは別です。それは、相手が「これはヤバすぎる」と発狂するほどの価値を感じさせるということです。

そうです。価値を感じさせることが重要なんですよ。

これから語るnote集客もこの「価値を感じさせる」をサボると1ミリも効果を感じないでしょう。なのでぜひ覚えておいてください。

無料で価値提供をする理由

ここで大事な事実を言っておきます。

俺は無料で価値を与えようとしています。無料でブログを書きますし、無料でnoteを書きます。無料で教材をプレゼントしたりしてます。なぜなのか。それはすべての人間が無料という言葉が大好きだからです。

これは異論がないですね。したがって無料で価値があるモノがもらえると分かったら。みんな急いでその価値のあるモノを受け取ろうと飛びつきます。

これは俺たちのようなマーケティング担当者からすると、非常に喜ばしいことです。無料のモノを配っていくと、そこから見込み客が集まり、売上が出て、利益が増えまくるという多くのメリットがあります。

その一つのメリットとしてはアクセスです。さてお待たせしました。note集客のアクセスアップ方法を解説します。内緒ですよ。

noteで集客してアクセスアップする方法

無料です。お金はかかりません。効果は絶大です。ケースに寄りますが、24時間以内に効果が得られます。

まず俺はnoteというプラットフォームを使います。ここからアクセスをかき集めるんですが、そしてそこから大きな売上を出しています。

いくらの売上を出したのか、どのくらいの効果があったかについては後述します。まず基本を整理しておきましょう。

noteとは

noteとは無料で使えるブログサービスです。実際に見ていただくのが早いです。noteを知らない場合は公式サイトをみてください。

つまり自分のブログを気軽に投稿できる無料サービスです。これをビジネス利用している人はまだあまり多くないのです。ただ今現状ではかなり効果的な集客ツールだと断言できます。

まず俺は現在、700フォロワーを獲得しています。

noteのフォロワー数は700人突破

1つの記事につき平均100アクセス以上を集めています。リスト獲得としては1日最高15リストです。

つまり、noteをつかってメールリストを1日15リスト獲得しました。隠されたコツはありません。なので俺が意図してやったことをここで全部解説します

  • 人が知りたいと思うnote記事を書く
  • キーワードやタグの最適化をする
  • CTAを設置する

これだけです。他にもかなりあるんですが、ただ原則この3つを守るだけでもリスト獲得は成功します。余計なテクはいりません。

まずこの記事の最初で話したように、価値を感じさせるコンテンツをnoteで書いてください。需要があるネタ、人が興味関心を向けるネタでnoteに記事を投稿します。

noteの基本的なSEO対策

キーワードやタグの最適化をする、ということですが、基本的なSEO対策で十分です。

  • 記事タイトル
  • 文中のキーワード配置
  • タグ設定
  • そこそこの文字量の記事にする(2000文字以上)

意識するのはこのくらいです。noteで出来るSEO対策はこのくらいです。バックリンクとか、外部SEOをする必要はありません。そこまでやるなら素直にWordPressでサイトを作ってやった方がいいです(労力と費用対効果的に)

CTAを設置する、については後述します。難しくないんで安心して下さい。…ということでここから売上につなげる方法っす。

【実例】noteから集客して60万円を売り上げた方法

俺がやってるnoteリストビルディングの戦術をバラします。

まずnoteの記事最後にCTAを設置します。コール トゥ アクションの頭文字を取ってCTAといいます。意味は「行動を促す」ということです。下をみて。

noteのブログ記事にCTA(コールトゥアクション)を設置した

俺のnoteはこのようなCTAを付けています。「ブログ教材を無料でプレゼントしてます。これだけヤベェ有料級の教材が無料だぜ?受け取るには下をクリック」というような誘い込みをしてます。

そして意図的にリンクをクリックさせます。

noteからスクイーズページへ

noteの記事最後のリンクをクリックすると、俺の作ったスクイーズページってやつに飛ぶようにしています。

スクイーズページというのは「無料でこれをあげます。その代わりにあなたのメールアドレスをください」と促すページです。実物を見た方が早いですね。

下に俺の作ったスクイーズページを載せておきます。見て。

noteからスクイーズページに誘導する。オプトインページの事ね。

これは俺のスクイーズページです。ここにメールアドレスを入力すると、オリジナルのブログの教材が手に入るようになっています。ブログの教材を手に入れたい人がメールアドレスを入力します。

スクイーズページの原理とは

つまりスクイーズページに誘導します。そしてたどり着いた訪問者はメールアドレスを登録します。そこで見込み客が増えます。

ここでオファーするものは、電子書籍、動画セミナー、無料レポートなどです。基本的にどれでも構いません。大事なのは「相手が価値を感じて欲しくなるもの」をスクイーズページで提案するということです。

いうなれば「無料でこんなに高価値なものをあげるから、アナタのメアド寄越せ」という交換です。

基本的なスクイーズページの作り方

通常のスクイーズページの場合は、以下の要素を組み込んでください。そうすれば失敗しないスクイーズページが作れます。

  • 魅力的なサイトデザイン
  • 魅力的で具体的なオファー
  • つい押したくなるボタン

こういった要素で構成されるスクイーズページを作ります。noteからこのスクイーズページにアクセスを流します。無料でアクセスをかき集めて、自分の見込み顧客に変えることができます。

この無料のアクセスアップ&リスト獲得の手法は俺がやってみて即日に効果を得られました。効果的っす。

たった1日で15リストを獲得し、そこから1ヶ月間で4000円のオンライン講座をおよそ150個売れました。

【まとめ】note集客の神髄

noteから無料でアクセスを集めて、スクイーズページで見込み客に変える。そしてステップメールを使い売り上げを叩き出す方法です。そのためには無料の部分で、より多くの価値を感じさせてください。

何度も言います。価値があるかどうかではありません。価値を感じさせるかどうかです。石ころでも100万円の価値があると感じたら人は殺到します。これが真実です。価値があっても見向きされなければ意味はありません。

詳しい内容は、俺のオンライン講座で解説しています。ただいきなり俺にお金を払ってオンライン講座に参加する必要はありません。

まずは俺の運営しているメール講座「ソウクツ」に参加してください。

スクイーズページの戦術だけではなく、オンライン起業家に必要な思考術、マインドセット、また具体的なお金の儲け方まで理論的に解説をしています。かなり異常なメール講座です。必ず参加してください。集客ノウハウもシェアしていくんで。

ではまた。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

南 大綱(みなみ たいこう)

名前は南(みなみ)です。偽名です。人間関係、法律、社会常識すべてから解放されたネットビジネス陰キャを自称しています。業界内のネットビジネスノウハウを隅から隅まで知り尽くしています。好物は泥水をすすりながら食べるじゃがりこです。世界中から情報収集しているので、日本のネットビジネス起業家トップ層も知らない戦術、テクニックに通じています。イカレた人が好きです。仲良くしましょう。

-ネットビジネス