ネットビジネス

【実話】ネットビジネスで生活するのが難しい本当の理由

  1. トップページ >
  2. ネットビジネス >

【実話】ネットビジネスで生活するのが難しい本当の理由

「ネットビジネスで雇わらずに稼いでいきたい」そう願っている人は山ほどいる。実際、5年前の俺もそんな1人だった。ネットビジネスにビッグなドリームを持っていたしな。

そんな俺も今では自宅に1人で引きこもってネットビジネスで生計を立てている。この生活を始めてから色々と考えさせられる。ネットビジネスで稼いで生活していくって意外と難しくね?と。

ネットビジネスの世界には「会社辞めてネットビジネスで稼ぎまくって人生ハピハピで~す」「社畜の皆さんおつかれさまで~す」と叫びまくっている人が多い。

というかやけに会社で雇われて生きるってのを否定するやつが多いよな。でもさ、ぶっちゃけ思うのよ。会社員の生き方も悪くねえよ。

ネットビジネスより会社員の方が安定している

ネットビジネスよりもサラリーマン

俺は平凡に暮らすサラリーマンをこっちの世界(ネットビジネス側)に引きずり込む気はない。

今の職場で満足とはいかなくても、納得できる生き方が出来てるならそれでいいんじゃねえの?給料もらって飯食えてさ。

この記事を読んでいるアナタはエリートじゃねえだろうけどさ、それでも人並み程度の暮らしは出来ているはずだ。だから俺はそれでいいと思う。

ネットビジネスを専業にするってのはよ、修羅の道だ。ネット上にまき散らされるマーケティングメッセージに騙されるんじゃねえぞ。

「今日も楽して10万円稼いだー」「今時、会社で雇われて働く奴は馬鹿だよねえ」とか。ベンツだのポルシェだの、シャンパンタワーにタワーマンション。積み上げられた札束。そういったもんに騙されるんじゃねえ。

刺激的だけどリスクもある

会社員は平凡だ。刺激はない。それに対してネットビジネスは刺激的だ。

稼いでいる上層部には常にほぼ100%儲かる話が仲間内だけに入ってくるし、インサイダー情報も手に入る。刺激には満ち溢れている。しかしこの生き方は冒険だ。リスクを伴う。

じゃあ、なぜ俺はネットビジネス専業で稼いで生活しているのか。それにはメリットがあるからだ。

ネットビジネスを専業にするメリット&デメリット

ネットビジネスを専業にするメリットとデメリットとは

ネットビジネス一本で稼いでいく。このメリットとデメリットを語っていくぜ。俺自身が5年間この生活をしている。なのでウソも語るつもりはない。リアルな現実を暴露しちゃう。

まずはメリットから見ていこうか。

ネットビジネスを専業にする7つのメリット

ネットビジネスを専業にして暮らす7つのメリット

ネットビジネスを専業にするメリットは以下の通り。一気に紹介するぜ。

  • 働く場所に左右されない
  • 何時に起きて何時に寝てもいい
  • 他人と関わる必要がない。
  • 通勤をしなくてもいい
  • 基本的に休みたいときに休める
  • 稼ぎたいだけ稼げる
  • 面白い情報が手に入る

俺が専業やってて感じるのはこれ。「時間的な制約」が一切存在しないのは最大のメリットかな。何時に起きてもいいし何時に飯を食ってもいい。昼寝をしてもオンラインゲームしても怒られない。好き勝手出来る。

あと、ネットビジネスは鬼の様に稼げる。収入に限界はない。給料じゃないからな。自分が稼ぎたいだけやればキャッシュは入ってくる。

「面白い話」が無限に手に入る職業

そんで、個人的に何気に嬉しいのは「面白い情報が手に入る」って点もある。

専業でネットビジネスやっててそこそこ実力が評価され始めたら、色々な人から色々な情報が入ってくるようになる。

それこそ検索エンジンでは決して出てくることがないインサイダー情報、合法、非合法問わず有益な情報など。情報コレクターで面白い情報好きの俺からすればすごく嬉しい。

だってそうじゃね?他の99%が知らない情報をコッソリと知れるっていうこの感じが堪らない。冒険の果てにまだ誰も知らない宝を見つけた感覚になる。

じゃあ、逆にネットビジネス専業のデメリットについても見ていこうぜ。

ネットビジネスを専業にする7つのデメリット

ネットビジネスを専業にする7つのデメリットとは

ネットビジネスを専業でやっている人間が言うのも何なんだけど、ぶっちゃけ結構なデメリットもあるよ。この辺りも隠す必要はねえからリアルな話をしていくぜ。必読必読。

  • 稼げなくなる可能性がある
  • 孤独に負けそうになることもある
  • 金の使い方が雑になりがち
  • 自己管理を怠るとマジで心身がボロボロになる
  • ワーカーホリックになりやすい

この5つは特に日常生活で感じる。

まず最初。今はネットビジネスで生活が出来ているけど、これがいつまでも続くとは限らない。

会社員はどんなに仕事が出来なくても給料は貰える。しかしネットビジネスは仕事が出来ない奴は稼げない。まさに弱肉強食の世界だ。

働けばお金が発生するという確実性はない。しかもネットビジネスを専業にするってのは「死なないために実力を着け続ける必要がある」ってことだ。専業なんて稼げなくなったらマジで飢えて死ぬからな。

俺だって1年後は分からない

ネットビジネス稼げなくなったらどうする?

だから、俺だって今はネットビジネスで飯を食べているけど、1年後には稼げなくなってスーパーのアルバイトをしている可能性もあるんだぜ?

…まあそこまではねえけどさ。最悪ツテを頼るよ。あと、ネットビジネス専業でやればお金は稼げる。

俺は他の事業に参入した経験がないけど、利益率は異常なほど高いし割と楽に月7桁とかは超えてくる。マジで。

「ネットビジネス専業で生きていきたい」

ここまで読んでもそう思うならここから先も読んでおいてくれ。

ネットビジネスで生活する生き方と世間体

ネットビジネスと世間体

俺は可能性を排除する気はない。アナタがネットビジネスで生活をしていくのは決して不可能ではないと本心から思う。覚悟を決めて挑めばな。

馬鹿げた覚悟なのかもしれねえけど、「あと〇ヶ月以内に稼げなかったらもう命火を絶とう」というイカれた覚悟で挑んで失敗するなんてことはまずねえよ。やれば成果に結びつく。それがネットビジネスだ。

この記事を読んでいるアナタはどんな人間かは分からねえ。けどよ、今の人生に限界点が見えている奴はいるはずだ。持病があるトラウマがあるとかな。

ネットビジネスで生計を立てていく事が自らの幸せに直結する。そう信じているなら飛び込んでくればいいよ。

世間的には良く思われない生き方

ネットビジネスは世間ではよく思われていない

ぶっちゃけ、ネットビジネスで生きていくってのは社会的にはよく見られない。「人間として終わってる」と見られる場合もある。

近所のおばさんには「あんたまだそんな生き方してるのぉ?」と呆れ顔で言われちゃう。まるで詐欺師のような見られ方をすることもある。

無知な大衆はネットビジネス=詐欺でしょ?怪しいってくらいだ。大衆は無知だ。何も知らないし何も理解しようとしない。

アナタも専業でネットビジネスを始めれば遅かれ早かれそういう見方をする奴に出くわす。

それでもよ。アナタがネットビジネスで生きるってんなら俺は止めない。

俺だって今の生き方は「一番理想的な生き方」なんだ。

会社勤めがマジで嫌ならネットビジネスでいいよ

ちなみになんだけど、他サイトの記事を読むと、「会社で働くのが嫌だからネットビジネスを逃げ道にするのは辞めろ」という意見もある。

…ほっとけ。人生は逃げちゃ駄目なんて誰が決めたよ。

どうせ数十年で死ぬ人間が、逃げを否定するなんてバカバカしい。それサバンナでライオンに襲われる小動物にも言えるの?

会社で働くのがスタンダード(標準)、それは否定しねえ。今はまだ会社勤めが一般的で標準的だ。

人生は逃げて逃げまくればいい

会社を辞めてネットビジネスで生活しようぜ

だけどよ。その生き方に嫌気がさして本気で離脱を考える人間を「負け犬」と揶揄するのは俺が許さねえ。俺はブラック企業で過労死した友人がいる。彼女は"逃げるな"という言葉によって殺された。

ネットビジネスを逃げ道にしろよ。人生逃げまくれ。負け犬上等、他人のポジショントークは全て無視すればいいさ。そうせそいつも数十年で死ぬんだから。

嫌だ嫌だで渡って行ける世の中ではない。それでも究極的に会社勤めが嫌なんだったら逃げたその先で生き延びて稼げばいい。

その結果、逆に自分の人生の幸福度が減ってしまうかもしれない。人生がめちゃくちゃになるかもしれない。けどよ、それもソイツの自由だ。

そうだろ?そのスリルを楽しめ人間ども。幸福になるのも不幸になるのもそいつの生き方だ。だから俺から1つだけアドバイスだ。

ネットビジネス専業でやりたいっていうのは覚悟だ

ネットビジネスで生活する覚悟

覚悟を決めろ。これだけだ。

常在戦場。ここは戦場だ。これこそ究極のマインドセットだ。大丈夫。これだけでネットビジネスは勝ち抜ける。

どれだけ今のアナタが不遇でも、絶望の底にいても、覚悟を決めれば専業で一気に駆け上がれるぜ。

難しく考えるな。勝てばいいんだよ。それだけだ。

ネットビジネスで稼ぐ覚悟っていうと、なんか変な浅はかな印象を受けるよな。気持ち悪いっていうかさ。けどよ、覚悟ってのは重く受け止めてくれ。覚悟ってのは人生を賭けての勝負をする気持ちなんだ

俺は今の生活を享受できてんのは、ネットビジネスで結果を出してきたプレイヤーだからだ。俺も最初は覚悟を決めた。命そのものを掛け金にしてベッドした。だから今を手にしている。

自由と責任とは

ネットビジネスの自由と責任

自由には責任が伴う。俺はこの考え方。

こうやって生きていった挙句に、ホームレスになってもいい。餓死してもいい。惨めな風体で死んでもいい。それだけの覚悟を決めているよ。

一挙手一投足に責任を持つ方が楽だ。責任を他の人になすりつけるのはメンドクサイ。

そもそも全責任を背負っているからこそ、殆どの人が手にできない自由を手に入れられてるんだ。誰よりも自由で傲慢な生き方が出来るのは俺が強いからだ。

アナタが本気でネットビジネス1つで生きていく。誰よりも傲慢で身勝手に好きに生きていきたいなら、覚悟を決めて境界線を越えてくれ。

この記事読んで「今の俺にはそこまでの覚悟は…」っていう奴は専業は諦めて副業からスタートすればいいよ。無理やり奮い立たせる必要はねえからな。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

南 大綱(みなみ たいこう)

名前は南(みなみ)です。偽名です。人間関係、法律、社会常識すべてから解放されたネットビジネス陰キャを自称しています。業界内のネットビジネスノウハウを隅から隅まで知り尽くしています。好物は泥水をすすりながら食べるじゃがりこです。世界中から情報収集しているので、日本のネットビジネス起業家トップ層も知らない戦術、テクニックに通じています。イカレた人が好きです。仲良くしましょう。

-ネットビジネス