【簡単】1日10万円を稼ぐ方法を真面目に解説してみた

ネットビジネス

この記事では両手で数えられないほどのビジネスに手を出して、大失敗をして破産をしてきた俺が、ようやくたどり着いた稼ぎ方を解説します。たった1日で10万円を稼げる稼ぎ方をコッソリと書きました。

このビジネスネタを記事に書くべきか迷ったんですが。このちっぽけな弱小ブログで俺が稼ぐ方法を教えたとしても、どうせ大抵の奴はやりません。教えて実際にやるのは100人中1人くらいしかいないはず。

だから、この際もったいぶらずに俺は1日で10万円稼ぐ方法を解説します。

「筋トレをするメリット」を俺が教えても実際に筋トレをする奴は100人中1人だし、「この勉強法で確実に東大に受かる」と言っても、その勉強法を実践する奴は1人、2人くらいなもんです。

だから、この記事を読んで実践する奴も、100人中1人だと俺は勝手に思っています。その1人に向けて俺は全力でこの記事を贈ることにします。

1日10万円を稼ぐ事は可能なのか

ネットビジネスで10万円が稼げるかどうか

すっげえ勝手な事をいうけどさ、この記事を読んでくれる人は1日10万円を稼いだ経験はないと思うんだよ。

会社で数億円のプロジェクトを受け持った経験はあるかも知れない。だけど1日で現金10万円を貰った経験なんてないんじゃねえかな。

で、俺はこの場で断言をしておくけど「1日10万円を稼ぐなんて超ヌルゲー」なんで。

日給10万円は難しくない

日給10万年を稼ぐことは難しくない

安心してくれ。俺自身も時給40万円くらいなら稼いだ経験はある。証拠もまだ手元に残っている。

このブログにも至る場所で載せまくってるしな。ぶっちゃけ日給10万円を稼ぐ難易度は貴方が想像している10倍は簡単だよ。

日給10万円稼ぎましたーって言っても大したことねえんだよ。バブル世代の人はチップで200万円を貰ったような人だっているだろ?だから1日で10万円なんてのも全然驚きでもない。

それこそ今の時代に生まれてバブルの恩恵を受けていない世代からすれば「日給10万円?うっそだろ!」と思うんだろうけど、バブル世代から見れば「低すぎワロタ」と一笑されてしまうだろう。

ただ今の世代は日給10万円なんて中々考えにも浮かばないと思うので、まずはその常識感からぶっ壊してみよう。

海外だと配管工は年収1000万円超え

配管工の年収は1000万円を超えている

例えばニューヨーク州会計検査院が出したデータでは2017年の平均給与は4700万円だったりする。

英語だけど報告書が上がっているから興味がある人は目を通しておくといいよ⇒DiNapoli: Wall St. Profits on Pace to Beat 2017

海外コンサルタントの中には月に1度会社に行くだけで年収3500万円以上を稼いでいるような奴もいるしな。

配管工でも平均年収は1000万円超えるぞ。配管工の需要凄いらしいよ。⇒11 High Paying Six-Figure Jobs Without a College Degree

他の職業の事例なんか見れば日給10万円を稼ぐってそんなに難しくね?ってのは分かるんじゃないだろうか。そこでここから話をしていく。

日給10万円稼ぐ方法と言っても、方法はいくつもあると思うんだ。

それこそチップで何万円も貰えるような職業についても良いし、歩合制が全てで成果上げまくって日給何十万円も稼いでも良いと思う。

稼ぐには何をやるかで大体決まる

お金を稼いで大金持ちになるには何をやるべきか

まあ、この記事を読んでいる方は「いや無理無理、副業で月3万円稼げたって話を聞いたけど、それでも結構大変らしいよ」とか思っている人もいると思うんだよな。

在宅ワークとかそういうのってのは月8000円とかってのもザラだから。俺が昔やっていたポスティングなんて1ヶ月間毎日頑張っても12000円しか稼げなかったんだぞ。

つまりどういうことなのかって言うと、稼ぐのが難しい低単価の作業をひたすらやっても日給10万円なんて無理な訳よ。

ポジションの取り方で勝負が決まる

重要なのはどれだけ稼ぎ易いポジションで勝負を決めるかだと思うよ俺は。

これマジで脳ミソに叩きつけろよ?ポジションの取り方、つまりどんなビジネスをどんな立ち位置でやっていくのか。勝負はこれで決まる。

【解説】俺が日給10万円を稼いだ具体的な方法

日給10万年を稼いだ具体的な方法をシェアする

方法を解説する。俺が現在も稼ぎ続けているのは「コンテンツ販売ビジネス」

コンテンツ販売ビジネスっていうのは、要するに「自分でコンテンツを作って販売するビジネスのこと」だ。

俺の場合は情報商材を作って販売している。例えば過去に作った教材だったら「ダイエットで痩せる方法」を教材にしてネットで売りまくった。

この記事を書いている1年前だったらアフィリエイトの稼ぎ方を教材にして売ったりもした。つまり俺は情報商材屋になって稼いだって事だ。

…ああ、情報商材屋は詐欺だというようなバカみたいな話は止めてくれよ。

情報商材は詐欺ではない

情報商材は詐欺では無い

その理屈だと世の中の情報コンテンツ全てが詐欺になっちまう。電子書籍だって情報商材だし、デザイナーのオンラインスクールだって詐欺になっちゃう。

クソ商材を作っては駄目だ。金を払う価値があるコンテンツを作って売ればいい。

俺は自信を持って情報商材を作って売りまくってる。

コンテンツを作って売るというビジネスモデル

デジタルコンテンツ販売で稼ぐ

ここまで読んでくれたアナタに稼ぐ秘訣を共有しとく。

俺が半自動化で稼げる理由、それは「本音で言えばこの内容は金を積まれても売りたくねえな」と言えるレベルに突き詰めたコンテンツだけを売る。

薄っぺらいコンテンツは作らない、そして売らない。コツコツとコンテンツを作って提供していけば、ビジネスとして日給10万円を達成する。

コンテンツを作ったらメールを流す。「こんなコンテンツ作ったぞ」するとおよそ1時間で110個以上売れたりする。この世界はそんな世界だよ。

具体的にどうやってコンテンツ販売ビジネスを始めるのかも、超絶シンプルな手順で説明をするぞ。

コンテンツビジネスで日給10万円を稼ぐ手順

簡単に手順をまとめておく。参考にしてくれ。

  • 人が何が何に悩んでいるのかを考える
  • その悩みを解決する「コンテンツ」を作る
  • ブログを作ってお客さんを集める
  • 作ったコンテンツを売ってみる
  • お金が稼げる&お客さんに喜ばれる

ザッと説明すると、この流れ。超簡単。シンプルに言ってしまえば「絶対に売れるだろw」と思えるコンテンツを作って、お客さんを集めて売りまくる。それだけ。

悩みが深いジャンルのコンテンツを作って売る。そして稼ぐってマジでハードルが低いんで。ネットビジネスで真面目に高確率で稼いでいきたいなら良いと思う。

ちなみにコンテンツ販売ビジネスについて知りたければ、俺のネットビジネス企画に参加しておくといい。具体的に収益化するノウハウや、強力なテクニックを詰め込んで渡してるぜ。

ネットビジネスで教祖としてカネを巻き上げる方法

あまりにも非道徳すぎて禁書扱いされていたネットビジネスの電子書籍を無料でお渡しします。

今すぐ受け取る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

当ブログは12月1日に提供終了します