稼げるブログの文字数の目安は?3000文字は必要?

アフィリエイト

ブログを運営している人の大半が抱えてる疑問。「ブログは1記事当たり何文字必要なのか」

これだよな。今回の記事では「ブログの文字数の目安」を解説する。この記事を読むとアナタは以下の事を学べる。

  • Googleに評価されるブログ記事
  • 最新ブログ記事に必要な文字数
  • 長文記事はSEO対策に抜群かどうか
  • 「良質な記事」とは何なのか

この問題はシンプルに思える。だけど実は難しい問題だ。

むやみに記事を量産しても稼げない

記事を沢山書けば稼げるってマジ?

最初に俺がブログを始めた時、1500文字を目安に書いたら月10万円は軽く稼げると俺は学んだ。

ただ、現在1500文字で稼げるかっていうと、実際には1500文字のブログ記事を100記事書いても、大して稼げないだろう。文字数が少なすぎると検索上位は取れないのも事実だしな。

そんな事もあって、2018年頃には「ブログ記事は2500文字~3000文字書きましょう」と目安が流布されていた。この位の文字数を書けば検索上位に上がって稼げるらしい。

でも、3000文字のブログ記事を書くって精神的にキツくないか。

長文記事はGoogleに評価されやすいのか

長文記事はSEO対策効果がいいのか

まず超基本的で前提を話す。可能性の高さで言えば、サイト・ブログの文字数が長文なほどGoogleに評価される。

その理由はなぜなのか。

  • 記事内部に情報が多い。
  • 読み手が読むのに時間を使う。

この2つ。シンプル&強引にまとめればこの要素。”基本的には”文章は長い方がGoogleに評価されて検索上位に上がりやすい。

1000文字の記事よりも2000文字。2000文字よりも4000文字の記事。事実このブログでも1万文字の記事は検索上位を取っている比率が多い。

もちろん”基本的には”だ。ただ文章が長ければ長いほど上がるのかで言えば、そこまで単純ではない。

好き勝手1記事1万文字書いても上がらない。

必要な情報をパッケージ化した記事=良質

良質な記事とは何なのか

単純な話。アナタの記事が役に立つのか?それとも立たないのか?

そこで役に立つなら上がる。役に立たないなら下がる。そう思ってもらっていい。

記事が5000文字だったとする。読み手の悩みや疑問を解決出来ていなかった、必要な「答え」を提供できていない記事。その場合は文字数を稼いでも上がらない。当然アクセスも獲得できない。

当たり前だけど需要を考えよう

そりゃそうだよな。「今日は朝ご飯を一杯食べたよ。本当においしかった。特に卵焼きが…」っていうどうでもいい事を書いても大半の人は興味ないだろ?

朝ごはんの話なんてで大抵の人は全く関係が無い。役に立たない。当然だよな。「役に立つ記事」を書こうぜ。

需要があり役に立つ記事の作り方

「こんな話知りたい人いるんじゃね?」って事を整理して解説していけばいい。そうすれば稼げるブログ記事が出来上がる。

必要な要素を列挙しておくと、

  • ユーザーに「答え」を提供している
  • 体験、経験を入れている
  • 網羅的に情報が入っている
  • 見出しタグを使っている
  • 画像、動画を入れている
  • 分かりやすい

シンプルに上の要素を意識して記事を作ればいい。

情報を整理して詰め込む。そこにアナタの体験談や考えを入れる。あっという間に文字数が増える。軽く3000文字は超える。

「画面の向こうの相手の役に立とう」と意識してキーボードを叩いてみよう。

Google評価とユーザー評価は異なる

2つの指標から良質な記事は決まる

ここまでの解説では基本的な話しかしていない。2つしか説明していない。

  • 長い文章いいよね
  • 役に立つ記事ならいいよね

ブログを運営するなら、押さえておくべき重要なポイントがまだ残されている。それは、俺たちはGoogleのご機嫌取りをしなくちゃいけない。

Googleに評価される記事を書く必要性

書き手である俺たちは「読んでくれる人に良い記事を読ませたいな」と思うんだけど、これだけを考えても上手くいかない。

なぜならGoogleに評価されなければ読み手にも届かないのだから。

分かりやすい話をすると、あなたがこの記事を読んで「めちゃくちゃ役に立ったぜ」と思ってくれたとする。

だけどGoogleが「大した記事じゃねえな」と判断したら検索上位には上がらない。つまり、俺たちはブログ記事を書く際に、Googleに好かれる努力も必要と言う事。

  • 読み手
  • Google

この2つを切り離して考えなくちゃいけない。両方を満足させるコンテンツを作れば、ようやく良質な記事と認定される。

俺たちがブログ記事で書くべき文字数の目安

現状、必要なブログの文字数は3000文字以上。

目安として文字数は3000文字以上を狙えばいい。文字数の上限は存在しない。1記事に1万文字でも2万文字でも大丈夫。

とはいえ、沢山文字を書けばいい訳でもない。

ブログ記事の文字数の”上限”

記事の文字数は何文字が上限なのか

文字数に上限は無い。

更に詳しく説明すると「書く記事のテーマ」によって必要な文字数は異なる。

例えば、難しいテーマで記事を書く場合、分かりやすく説明すれば、文章が長くなっちゃう。

しかし簡単なテーマをクドクドと説明している場合は、無駄に長いだけの文章になる。

どこまで読み手は読んでくれるのか

難しいテーマは文字数はいくらあっても構わない。大事なのは「どこまで読み手は読んでくれるのか」

Googleからすれば「長くてボリュームたっぷりで分かりやすい記事」は大歓迎。だけどその記事を読むのは人間だよな。

考2万文字もある論文を読みたいと思うか?読みたくねえよな。

【事例】水道故障で長々と説明するな

例を挙げる。あなたの自宅の水道が壊れちゃった。水が止まらない。どなうしようか。

多くの場合、何とかしようとネットで解決策を検索をする。

検索した結果、1番最初に出てきた記事が、「これを読めば万全!水道の水が止まらなくなった時の対処法」だった。

今のアナタは1秒でも早く、壊れた水道の水を止めたいよな。だけど、その記事の文字数は2万文字。

これ長くね?必要な部分を探すまでに時間かかるよな。「こっちは水道が壊れてんだよ!15分もかけて2万文字の文章を読んでいられねぇんだよ」て話だ。そゆことよ。

長文記事でも「読みたくない」なら駄目

薄い記事を量産してはいけない

つまり、読み手が必要だと判断するなら2万文字の長文記事も歓迎される。Googleも読み手もハッピー。

アナタの記事は検索上位に表示されるだろう。

その一方で、読み手が苦痛に感じてしまうだけの長文記事=Googleはハッピーでも読み手はアンハッピー。

Googleは役に立たないと判断すると、どんどん検索上位から下げていく。人が読まない記事はガンガン下がっていく。そうなればお終い。

ここ大事な話だ。覚えておいてね。

読み手、Googleの両方を満足させる記事を意識すれば、高収益のブログ記事は誰にでも作れるんで。

ネットビジネスで教祖としてカネを巻き上げる方法

あまりにも非道徳すぎて禁書扱いされていたネットビジネスの電子書籍を無料でお渡しします。

今すぐ受け取る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

当ブログは12月1日に提供終了します