【無理ゲー】アフィリエイトは稼げない。やめとけ

アフィリエイト

「アフィリエイトが稼げない」とか「無理ゲー」とかタイトルから言っちゃってる。

これ結論から言えば、アフィリエイトで稼ぐのは無理ゲー。ホントに。今から副業としてやってみようかなと呑気に考えている人は、この記事を最後まで読んでくれ。

初っ端から煽りまくってる。だが、この記事で語るのは俺の本音。

俺は現役の専業アフィリエイターとしてこの数年間月7桁を稼ぎ続けてきた。俺が見てきたアフィリエイト事情を暴露しておく。業界を敵に回してもいいよ。

ググれば大体アフィリエイトorキュレーションサイト

アフィカスサイトにうんざりするユーザー

この記事に辿り着いている人は恐らく「アフィリエイト 無理ゲー」とか「アフィリエイト 稼げない」っていうようなキーワードで辿り着いただろう。

そんなアナタに問いたい。アフィカスサイト多すぎないか?薄っぺらいキュレーション記事多すぎないか?

ここの問題だ。アフィカス増えすぎ問題が起きている。アフィリエイターが尋常ではなく増えている。

企業参入で個人はマジできつい

アフィリエイター諸君は分かるはず。個人だけではない企業も参入してきて、大資本でネットを制圧している。

まあ、証拠もクソもない。ネットで検索して出てくるサイト見てくれ。全部アフィリエイトサイトじゃね?

ひと昔前までは違った。少なくとも検索して出てくるサイトが、全部アフィリエイトサイトなんて言う事はなかった。

例えば「育毛シャンプー 男」で検索してみようぜ。そんで出てくるサイトを上から下まで全部見てみてくれ。

…一部を除き、全部アフィリエイトサイトだ。【2020年最新版】とか【2020年オススメ】、育毛シャンプー10選とか。どのサイトを見ても同じじゃねえか。

これがオワコン化している理由の1つだ。もう少し深掘りをしていこう

アフィリエイトが総じてレッドオーシャン化している理由

アフィリエイトで稼げず引退する人

アフィリエイトが無理ゲー、オワコン化している理由をもっと詳しく語る。

明らかにレッドオーシャン化しているのは分かるはずだ。どのキーワードも強力なアフィリエイターや企業が牛耳っている。

なぜここまでアフィリエイトの世界が苛烈な環境に変貌したのか。

固定化されたアフィリエイト手法

理由は簡単。アフィリエイトを教える先生と弟子がいるからだ。ネットには先生がいる。

その先生は「アフィリエイトで稼ぐ方法」を丁寧にも教えてくれる、その教えた内容をそのままアフィリエイターたちが実践しちゃう。

分かりやすいようにココでは敢えて「先生」「弟子」という言葉を使っている。

アフィリエイトセミナーの講師とその参加者

先生が教えたアフィリエイトのノウハウ。それを弟子がマネする。ぶっちゃけシンプルな話だぜ。

業界の第一人者が「この方法でサイト作れば稼げます」って言えば、その方法を皆実践しちゃうよな。そういうことだよ。

一時期、ネットにはトレンドアフィリエイトサイトが乱立した。それも某教材の影響があった。あれヤバかったよな。

オイルショックのトイレットぺーパー買占めを思い出す

1973年にオイルショックってのがあった。そのことがきっかけで「紙がなくなる」っていうデマが巷に溢れたんだ。

その結果、どうなったと思う?日本全国でトイレットペーパーの買い占めが起こった。オイルショックから紙がなくなるってのはない話だった。

しかしそのデマを信じた人たちがスーパーに駆け込む。そしてトイレットペーパーを買い占め捲った。トイレットペーパーは2倍の価格でも完売するくらいだった。

トイレットペーパーだけではない。「砂糖や醤油も無くなるのではないか」と不安に駆られた人による買い占めが続出していった。

アフィリエイトがコモディティ化した

アフィリエイトも「この方法が一番稼げる」という声が拡がった。その結果、皆その方法を実践するようになった。

デマがデマを重ねて「100記事書く=月10万円稼げる」というような根拠も何もない話も広まった。

今、ネット上に同じような記事ばかりが乱立している。その理由は一部のトップ層が「この手法が稼げる」と叫んだからだ。

アフィリエイトで稼げるかどうかは全て自分で考えろ

俺もよく相談を受ける。

  • 「1日1記事書けばどのくらいで稼げますか?」
  • 「1日1時間作業すれば稼げますか?」

知らねえよ。そんなこと。

稼げる目安が知りたいのは分かる。だが、それで結果が出るかどうかなんて誰も分からないんだよ。そうだよな。

1日時間作業をするにしても、どんなアフィリエイトの手法を実践するんだ?

サイトアフィリエイトか?ブログか?それともPPCか?実践する手法によっても1時間で得られる成果は変わってくる。

あるいは1日1記事を書くと考えても、どんなキーワードで記事を書く?ジャンルは?誰に向けて?そういった要素も関係してくる。

1日1時間運動すれば痩せますか?←知らん

シンプルに考えろ。

「1日1時間運動すれば痩せますか?」と質問されてアナタはどう答える?

…そう、分かんねえよな。だってその人のライフスタイルも知らねえ。何を食ってるのかも分かんねえ。

どんな運動をどのくらいの負荷でやるのかも知らねえ。それ以上にその人の事を全く知らない。

だから、その方法でやれば結果に繋がるよなんて事は言えねえ訳だ。トップアフィリエイターでもどの手法なら10年後も飯が食えるかなんてわからねえよ。

だから俺は俺で頭を使いながら生きている。

「コレ」が生きていける方法というものを選んで実践しているに過ぎない。全て自己責任だ。答えを他人に求めていると、ビビジネスが沈んでしまう。飯食えなくなるよマジで。

偉そうに聞こえるだろ?分かってる。だが、マジでココなんだよ。自己責任なんだよ全部。ここで他人や環境の責任にすれば詰むのは自分自身だ。

昔のアフィリエイトがヌルゲー時代は終わった

アフィリエイトは稼げますか?知らない

ここで裏を返す事を言う。

ぶっちゃけ、アフィリエイトはまだ稼げる。月7桁は誰でも目指せる。アフィリエイトで月100万円を稼ぐのは、東大に受験して合格するよりも簡単。

だが、2004年、2005年の最初期のような時代ではない。アフィリエイトが日本国内で流行った2000年代最初期とは訳が違う。

昔は違った。適当なサイトを作って広告を貼れば、ペラペラの記事でも稼げた時代がある。

現在は、明らかに難易度が上がった。ライバルは増えた。個々人のレベルも上がった。

昔はウェブサイトを作るのは専門家の仕事だった。だが今や主婦でもウェブサイトを作れる時代だ。皆のレベルが上がってきた。

アフィリエイトが簡単に稼げると言ってもそこまでヌルゲーの時代じゃないんだ。

アフィリエイトはメチャクチャ稼げる。だが、それはサボっていて稼げる訳じゃない。しかもコスパは悪い稼ぎ方。

超イージーで稼げた時代ではない事を頭に留めてくれ。

アフィリエイトで稼ぐなら死ぬ気でやるしかない

アフィリエイトを1日何時間も作業をして疲弊する人

この記事を読んでも尚、アフィリエイトで稼ぐ気持ちがあるなら挑戦してみてくれ。マジでやれば稼げるんで。

俺からのワンポイントアドバイスを1つ。実践するなら「期限」は絶対に決めておけよ。

「いつからいつまでの間に○○万円(目標金額)を達成する」

というように決めてくれ。

この期限設定が本当に大事。ここを設定しておかないとダラダラと作業しちゃう。いつまでも大した結果にならない。

なので必ず期限を設定して取り組んでみてくれ。真面目に実践すればアフィリエイトは稼げる。それは間違いない。

ただ片手間でやっても稼げない。そこだけは覚えておくんだ。1日何時間作業すればいいですか?とか週末だけ作業すればいいですか?なんて論外。

この記事を読んでそれでもアナタはアフィリエイトするかい?

ネットビジネスで教祖としてカネを巻き上げる方法

あまりにも非道徳すぎて禁書扱いされていたネットビジネスの電子書籍を無料でお渡しします。

今すぐ受け取る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

当ブログは12月1日に提供終了します