【2020年】アフィリエイトは稼げない、月7桁を狙うならやめとけ

アフィリエイト

今回の記事は、2020年にアフィリエイトをして稼げるかどうかを語る。

もしかすると、僕(私)のポテンシャルが低いから稼げないのではなくて、アフィリエイトそのものが稼げないんじゃないの?と感じているかもしれない。

この考え方は相当鋭くて、WEB業界をよく感じ取れている。実際、(検索エンジン上で戦う)アフィリエイトは相当に稼ぎにくくなってる。

まず最初、アフィリエイトの2020年の環境から語っていくぜ。

【2020年】アフィリエイトは稼げない?既にオワコン?

アフィリエイトはオワコンじゃないかと話題に

結論から先に。2020年ではアフィリエイトは効率が最悪のマネタイズ手法。マーケティング的にはLTVは打ち止めのビジネスモデル。

つまり稼げる金額に天井が見えてしまっているビジネスだ。大して効率的には稼げないビジネスでもある。

月7桁を真面目に目指すならアフィリエイトは非推奨。ブログも非推奨。他のネットビジネスとの組み合わせはおすすめ。

端的にまとめればそんな所。

なぜアフィリエイトで稼ぐと効率が悪いのか

なぜアフィリエイトは稼ぎにくいようになったのか

記事を量産する。量産しても上位表示は取りにくい。あからさまなセールスは嫌煙される。

この記事を読んでいるアナタが既に経験があるアフィリエイターなら、嫌になるほど痛感していると思うけど、昔みたいな効率性は今のアフィリエイトにはない。

記事を量産する時間、リサーチ、案件終了のリスクを考えれば、アフィリエイトがコスパ最高ビジネスなんて言えないでしょ。口が裂けても言えない。

リアルビジネスも含めるなら、アフィリエイトより効率が悪くて稼ぎにくいビジネスは山ほどあるけど、ネットビジネス限定で考えるなら、アフィリエイトはメチャクチャ効率が悪くなった。

「アフィリエイトサイトはいらなくね?」

なぜアフィリエイトは稼ぎにくいようになったのか

皆、口には出さないけど内心思ってる事をここでブチ撒けようと思う。そもそも、検索するユーザー目線で考えればアフィリエイトサイトは異常なほど邪魔

そりゃ、アフィカスと言われるでしょ。ググって出てきた記事をクリックしたら、アフィリエイトサイトが出てきた。…ここで即座にブラウザバックする人は多いはずだ。

実際。今の時代はアフィリエイトサイトは不要になりつつある。それも広告収入で稼ぐことしか考えない運営者のアフィリエイトサイトなんて読む時間がもったいない。

もはや、人々はGoogle検索に信用をしていない。「ググる時代」は終わった。悩んでまずはグーグル検索するのは効率が悪くなってしまった。

今の時代は「タグる時代」だ。

「タグる」とは?

Instagramやツイッターのハッシュタグで検索することを「タグる」という。詳しくは下を読んで。

https://newspicks.com/news/4002571/body/

SNS上の「ハッシュタグ」で検索するのが今は当たり前。俺の体感50代以上の人はまだまだググるんだけど、それより下の年齢はガンガン、タグってる。

つまりSNSに触れる時間が多い層ほどググらず、タグるんだよ。

Google検索がオワコンな3つの理由

ググるが完全オワコン過ぎる理由

「ググれば負け」が当たり前になって、タグるのが当たり前になった理由。俺の考えとして3つある。

  • ググってもゴミメディアしか出ないから
  • ググっても「生の声」がないから
  • ググっても最新情報ないから

まず1つ目から説明しよう。

①ゴミメディアしか出ないから

検索エンジン上でググってもろくなメディアがヒットしない。薄っぺらい記事を載せたキュレーションサイト、金を稼ぐことしか頭にない奴が書いた広告マシマシのブログ記事、露骨なセールスだけのアフィカスサイト。

ググってもろくな検索結果は得られない。Google検索は死んだのだ。ちなみにアナタが読んでいるこのブログも一種のゴミメディアに属するのでご注意を。

②「生の声」がないから

検索エンジンは操作されている。本元のGoogle、SEO業者の手が入りまくっているせいで、ユーザーの生の声が出ない。

医療情報をググってみて欲しい。例えば俺はマン性鼻炎だから鼻炎薬を飲んでるんだけど、鼻炎薬の効能を調べても医療機関のサイトしか出てこない。

違うんだよなあ。俺は薬を飲んでいる人の「体験談」が知りたくて調べたんだよなあ。けど検索エンジン上にはそういったユーザーの体験談や口コミは出てこない。

その一方でツイッター検索したら「リアルな声」が沢山出て来る。

金儲けしか頭にないWEBメディアか、リアルの声が集まるSNSか。どっちの方がマシ?一長一短あるけど、ある意味信用できるのはSNSだよ

③最新情報が出ないから

検索エンジンは情報が遅すぎる。大きな地震が起きても最新情報が出て来るのには数分はかかる。

だから多くの人はググらない。ツイッターで検索する。「今、どこで地震が起きた」「震度はどの程度なのか」こういう情報は皆、タグるんだよ。

あと、最新情報を知りたいとき、みんなツイッターのトレンドを見る。

ツイッター検索で探す

こんなかんじ。わざわざググるよりも迅速に情報を集められる。情報の正確性はさておきね。人は素早く情報を取得したいし、リアルユーザーの声を集めたい。

もはや検索エンジンは不要。「SNSは誰でも投稿できるから正しくない!危ない」と言っているモンキーもいるけど、そもそもネット内に正確な情報なんてどうやって探すんだよ。

検索エンジンでググっても、Instagramでタグっても同じ。財務省のデータだって改ざんされる世の中だぜ?「絶対的な正確さ」なんてネットで探す方が困難だ。

ユーザーはこう思っている。「検索しても正確な情報は手に入らない、どうせ金儲けメディアでしょ」皆、なんとなくこの真実に気が付いている。だからGoogle検索なんてしない。

なぜ「アフィリエイトはおすすめ」論が出回るんですか?

なぜアフィリエイトがおすすめされているのか

そんな訳で、従来のアフィリエイトは相当に稼ぐ難易度が増している。それにも関わらず、未だに副業としてアフィリエイトが人気だよな。「稼げるネットビジネス」のイメージが強いアフィリエイト。

なぜ検索エンジンがオワコン化した現在、なぜ未だにアフィリエイトがオススメされているのか。その理由は簡単。2つに分けられる。

  • アフィリエイトを教えて飯を食っている人がいるから
  • 月数十万円規模なら何だかんだ稼げるから

この2つ。両方解説するんだけど、まず無視できないのは、アフィリエイト塾を運営している講師。

①アフィリエイトを教えて飯を食っている人がいる

アフィリエイトのコンサルタントとして稼ぐ

世の中にはアフィリエイトを教えて金を稼ぐビジネスをしている人もいる。

アフィリエイトで稼ぐ系の高額塾を運営したり、コンサルティングしたりして飯を食っている。だから「アフィリエイトがオワコン」なんて絶対に言えない。自分の食い扶持が減るからね。

彼ら自身はアフィリエイトをしていない。人に教えることで収入を得ている。だからアフィリエイトがオワコンかどうかなんて、彼ら自身分かっていないのだ。

けど待ってほしい。ここまで読めばまるで「アフィリエイトを教える高額塾、コンサルタントが悪い奴」に見えるだろう。別に彼らを「酷い奴らだ!」とバッシングしたい訳じゃない。実際、アフィリエイトを教えている奴は詐欺師なのか。

そうじゃない。これが2つ目の理由に関わってくる。

②月収数十万なら何だかんだ稼げるから

アフィリエイトは月収数十万円なら稼げる

「アフィリエイトは稼げない」と言っても、1円も稼げない訳じゃない。まだまだ月数万、数十万円の収益なら出せるビジネスだ。

例えば、ネットで月5万円稼げればいいって人もいるし、月50万円もアフィリエイトで稼げれば嬉しいよな。飯は食っていける。

まとめると、検索エンジン上にブチ上げる種類のアフィリエイトは昔より断然稼ぎにくい。けど全く稼げない訳じゃない。

だからアフィリエイトを教える塾は未だに健在だし、アフィリエイトの先生は引き続き、人に教えて金を稼げる訳だ。

むしろアフィリエイトは月数十万円稼げるポテンシャルがあるビジネス。だから、まだマシだよ。稼げるのはまちがいないんだから。

最速で月7桁を稼ぐならアフィリエイトを選択肢から外せ

アフィリエイトはもう稼げないので考え直せ

俺は専業アフィリエイターとして大学卒業後、2014年から稼ぎ続けてきた。収入が減った時期もあるけど、飢え死ぬことなく生きてこれた。

ありがたいことに何だかんだ困らない生活は出来てる。そんな自分でさえもアフィリエイトの市場変化がなかなかに厳しくなってきて、初心者は稼ぎにくいだろうなあと思ってる。

アフィリエイトは飯を食う程度は稼げる。でも最速で月7桁以上のお金を稼ぎたいならアフィリエイトはやめとけ。遠回りすぎる。

  • 成約率が高いキーワードだけを絞る手間
  • 検索エンジンで強者と戦う難易度
  • サイト量産とその管理の面倒さ
  • 一定以上のセールススキルが求められる
  • 報酬単価が数千円と低額
  • 何度も継続して収入が発生しない
  • 案件終了のリスク

…手間も労力も掛かりすぎる。そのわりに旨味がない。

ネットビジネス初心者がどう稼ぐのか迷っていて「私、ポイントサイトで稼いでみよっかな」と言っているなら、「それならアフィリエイトやればいいよ」と勧める。

けど、ガチ初心者でも手っ取り早く収益を出して稼ぎたいなら、アフィリエイトじゃなくて、別のネットビジネスをオススメする。

オススメのオンラインビジネスは下記事に書いたので、どうぞ。

【まとめ】アフィリエイトはやりたければやればいい

やりたい奴だけアフィリエイトをやっていけ

ぶっちゃけ、アフィリエイトだけじゃない。ネットビジネスは色々ある。転売、ドロップシッピング。なんでもいい。アナタが稼げるんならな。アナタの人生だ。俺は口出しはしない。

ただ1つだけ。アフィリエイトは昔より稼ぎにくくなってて、教科書通りにやるだけの従来のモデルではマトモに稼げない。それは自信を持って断言する。

そうは言いつつ、俺もアフィリエイトを引退する訳じゃない。今後は別ビジネスに移動していくけど、ほそぼそ続けるよ。

ちなみにアフィリエイト以外の稼ぎ方で月7桁を目指す方法は、今後のブログでコッソリ語っていく。いや、たぶんブログよりはメルマガの方で語るよ。

と、いう事でだ。死なない程度にアフィリエイト楽しんでいこう。じゃあな。

ネットビジネスで教祖としてカネを巻き上げる方法

あまりにも非道徳すぎて禁書扱いされていたネットビジネスの電子書籍を無料でお渡しします。

今すぐ受け取る
  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事一覧

当ブログは12月1日に提供終了します